プリンターのインクに関する基本知識

パソコンやスマートフォンで作成したり、ダウンロードしたりしてきたりしたファイルを印刷することというのは意外にあります。会社や学校ではもちろんのこと、ちょっとした情報を家庭で印刷しようと思う人も多いのではないでしょうか。多くの人が行う可能性の秘めている印刷を行うには必要な機械があります。それがプリンターです。当たり前ですがこれを利用するためには、印刷するために紙やインクなども必要になってきます。紙は必要なサイズのものを購入してきて、トレーに入れるなり、本体に書いてある説明通り設置するだけで大丈夫です。しかし、インクは違います。多くの種類があり、型番の違いだけでなく、メーカ推奨品やメーカーとは関係ない会社が作ったものなど色々存在しているのです。

型番を間違うと損をすることになる

プリンターにはそれぞれ適合する型のインクが用意されています。同じメーカーのものであっても種類によって適合する型が違ったりするので非常に厄介です。ただでさえすぐになくなるうえに高いのにもかかわらず、型を間違ってしまうなんて言うことになれば最悪です。その間違ったものは使う術がありませんので、使える人にあげるか破棄するかの選択となります。つまり購入するのにかかった費用を捨てることになります。プリンターというのは非常に厄介で、型を統一していないばかりによく確認して覚えていないとこのようなミスが発生してしまうのです。その結果無駄な買い物をしてしまい、一万円以上の出費になってしまうなんて言うこともあり得ます。また型番が書かれているだけで名称がないのも多く、間違えやすくなっています。

純正品と非純正品の違いとは何か

前項でも言ったように各プリンターに適合する型があるのですが、それ以外に純正品と非純正品も存在します。どちらも同じ型であり、どちらも使用することはできます。しかし、純正品はメーカー推奨のものであり価格も高価であること多いです。一方で、非純正品はメーカー推奨ではなく価格は安く設定されています。多くの人が使えるのであれば後者を購入しようと思うことでしょう。しかしここにも罠があります。メーカーにもよるのですが、非純正品を利用した場合、正常に動かない可能性があります。実際に印刷は出来ますし、問題はないことが多いのですが、インク残量の部分が空っぽのままとなってしまうなどの報告があります。つまり純正品以外の残量は読み取ってくれないということです。純正品以外を使うと不便を強いられてしまいます。