プリンターのインクを長持ちさせる方法

プリンターは日常生活に無くてはならない製品です。パソコンの画面に表示させた文書やWEBページ、そして画像などを素早くプリントアウトする事が出来ます。今では多くの家庭と事務所に普及しました。家電量販店でも低価格で大手メーカーの製品が並んでおり、以前にも増して一般ユーザーが気軽に買いやすくなりました。プリンターはパソコンとUSBケーブルで連動させます。また最近ではWi-Fiを経由して、プリントアウトの命令が出せる機種も登場しました。ただ高品質な文書や写真を短時間で出力出来るメリットは素晴らしいですが、一方で製品をある程度使い続けていくと、気がかりなのがインクの残量です。車のガソリン同様に製品を稼働させる上で必須な存在ですが、出来ればコストは最小限に抑えたいものです。

工夫してランニングコストを節約しましょう

プリンターのインクを上手く節約する方法は色々とあります。最初の方法ですが、プリントアウトする回数を工夫して減らす事です。最近はスマートフォンやタブレットが普及しています。以前であれば、WEBページの情報を他のユーザーに見せるためにはネット画面の印刷が不可欠でしたが、今ではそういった持ち運びに便利な製品がありますので、それで代用してみましょう。平凡な対策ではありますが、印刷の頻度自体を減らせばランニングコストも抑制出来ます。また基本的に多くの機種にはモノクロ印刷のモードが付いています。カラー写真やプレゼン資料等はフルカラーでプリントアウトしなければいけませんが、内部向けの資料やお店で使う支払い用紙、クーポンといった印刷物であれば、モノクロ印刷で十分です。

省エネモードを活用、メンテナンスも効果的です

また最近のプリンターには省エネ印刷モードといった機能が付いている事が多いです。製品によってはスピードモードといった風に表記されていたりします。表記のブレはありますが、要するにインクを節約してスピーディに印刷を済ませてくれるモードです。プレゼン資料の試し刷り、フルカラーで友達に渡したいけれど、内容の品質は全然求めない、という場合はこのモードを活用しましょう。大量にフルカラーの印刷物を制作したい時にも便利です。また本体を定期的にメンテナンスする事もインク代の節約に繋がります。メンテナンスを一度もせず放置すると、紙詰まりや液漏れなどのトラブルが頻発するようになります。トラブルが度々発生すれば、その分のランニングコストが完全に無駄になりますので、日頃からのお手入れも節約に結びつきます。